“尖角”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんかく33.3%
とが33.3%
とがり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“尖角”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秀吉もまた、直ちにそれを、察知したものの如く、前線の尖角せんかく陣地から山麓の要所へわたって、壕を掘らせ、柵をわせ、かつ、
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
前哨ぜんしょうの散兵陣地、尖角せんかく陣地、第二陣地、ほとんど一溜ひとたまりもなく押し崩され、中軍の寺院附近は、それらのすなき将兵や馬のいななきで埋まっていた。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は首を真直ぐに堅めながら、その尖角とがった肩先で女たちを跳ねのけ跳ねのけ進んでいった。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
その骨の尖角とがりの間から洩るる大空が、気味の悪いほどに澄切すみきっているのは、やがて真黒な雪雲を運び出す先触さきぶれと知られた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)