“かづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カヅ
語句割合
50.0%
25.0%
8.3%
8.3%
4.2%
4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代官坂の下から、黒衣をいた天主教の尼さんが、ゆつくり上つて來る。近附いた時に見ると、眼鏡をかけた・鼻の無闇に大きな・醜い女だつた。
かめれおん日記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
この歌の、「朝に」は時間をあらわすので、「に出で見る毎に」(巻八・一五〇七)、「朝な夕なにくちふ」(巻十一・二七九八)等の「に」と同じい。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
身は海松刈る
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
、」
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
のけに帽きつつ。
パステルの竜 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)