“淡墨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うすずみ80.0%
うすゞみ13.3%
たんぼく6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
窓越しに、淡墨をふくんだ瑠璃の夕空が重く淀んでをり、すこしも風の気とてない蒸暑く鬱滞した陋巷の空気が泥水のやうに動かずにゐた。
薄暮の貌 (新字旧仮名) / 飯田蛇笏(著)
凍雲とりあへず「のすだれをあぐる月」此時のはせをが肉筆二枚ありて一枚は書損と覚しく淡墨をもつて一抹あり、二枚ともに昌庵主の家につたへしを
淡墨のような雲のに、水無月十三日の月がんでいた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)