“凍雲”の読み方と例文
読み方割合
とううん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて元禄の高田の御城下に細井昌庵といひし医師ありけり。一に青庵といひ、俳諧して凍雲といへり。
さて元禄の高田の御城下に細井昌庵といひし医師ありけり。一に青庵といひ、俳諧して凍雲といへり。
凍雲とりあへず「のすだれをあぐる月」此時のはせをが肉筆二枚ありて一枚は書損と覚しく淡墨をもつて一抹あり、二枚ともに昌庵主の家につたへしを