“いただき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イタダキ
語句割合
67.9%
21.1%
2.3%
頂上1.9%
1.5%
絶頂1.5%
山頂0.8%
頭頂0.8%
山巓0.4%
絶巓0.4%
頂辺0.4%
頂部0.4%
頂餅0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じでも同じ色を枝に着けているものは一つもなかった。細い杉苗のに投げせてあった先生の帽子が風に吹かれて落ちた。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と大空の雲、る山、続くゆる峰を見るにつけて、じき大濤の雪の風情を思いながら、旅の心も身にみて通過ぎました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何の風情もない、饅頭笠を伏せた様な芝山で、逶迤したに尽きると、太い杉の樹が矗々と、八九本立つてゐて、二間四方の荒れ果てた愛宕神社の
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
叫び狂いる声は窓を通し湖水を渡り、闇の大空にえている八つの峰を持った八ヶ嶽の高い高い頂上まで響いて行くように思われた。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いわんや一国中になお幾多の小区域を分ち、毎区の人民おのおの一個の長者をてこれに服従するのみか、つねに隣区と競争して利害をにするにおいてをや。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
某は魔王岳の絶頂なる湖水
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
上帝その禍を予防せんため、竜の身を極めて重くし居る故、みな楽土より流れ出る河にちて死す、近処の人その死をい、七十日の後その頭頂根生た紅玉を採って国の帝にると。
朝の光を帯びた、淡い煙のような雲も山巓のところに浮んでいた。都会から疲れて来た高瀬には、山そのものが先ず活気と刺激とを与えてくれた。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この山ことに高しとにはあらざれども、はやく雪を戴くをもて名あり。しその絶巓玄海洋をあほり来る大陸の寒風のくに当ればなり。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
自分のお指図で、二人ばかりの従者にまもられて、とある頂辺けて、御身じわびてりましたが、そのからにめらめらとがる野火
曲者の飛び出した窓は、地上から十五尺ばかりの所を館の周囲をとりまいて居る一連の明りとり窓の一つで、壁際にある一列の陳列棚は九尺であるから、その頂部より尚六尺の上に開かれて居る。
真珠塔の秘密 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
家へ帰って、摩耶夫人の影像——これだとに説教が出来る、先刻の、花御堂の、あかちゃんの御母ぎみ——頂餅と華をささげたのに、香をたいて、それから記しはじめた。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小林ぬしは明日わが隊とともにムッチェンのかたへ立ちたまふべければ、君たちの中にて一人塔の案内し、粉ひき車のあなたに、滊車見ゆるところをも見せ玉はずや
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)