依怙贔屓えこひいき)” の例文
す役目なり奉行には依怙贔屓ありてしばかり片落しに爲給ふならんと言せも大岡殿發打白眼依怙贔屓とは慮外千萬なり此梅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
従って批判する場合、依怙贔屓がないといえよう。うなぎの焼き方についても、東京だ大阪だと片意地はいわないが、まず批判してみよう。
鰻の話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
「待ってくれ。そう言われると、おれが宿場の世話をした時分には、なんだか依怙贔屓でもしたように聞こえる。」
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
すると私の顔をじっと見ていたが、何を云い出すかと思うと、奥さんは依怙贔屓をしていけない、井上ばかり大事にして僕を疎外する、と云うんでしょう。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
世には判官贔屓という言葉があるといって、よく、義経の悲劇的美化や同情に反駁する者もあるが、しかし、頼朝もずいぶん依怙贔屓の強い方の人である。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも、きざに、とりすまして、その三種類の外国煙草を、依怙贔屓なく、一本ずつ、順々に吸ってみる。
秋風記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
……依怙贔屓になりますから、ありようをざっくばらんに申上げますが、どちらかといえば、鷹に
去年使ふてやつた恩も忘れ上人様に胡麻摺り込んで、此度の仕事をうと身の分も知らずに願ひを上げたとやら、清吉の話しでは上人様に依怙贔屓御情はあつても
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
能楽上の一大倶楽部を起し、天下の有志を集めて依怙贔屓なく金春金剛観世宝生喜多などいふ仕手の五流は勿論、の諸流も笛、、太鼓などの囃子方に至るまで
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
依怙贔屓でない程度で、「地上の」と題した彼女の作品が、どうにか二等くらいに当選すべき運命にまでぎつけた時になって、栗原夫人の名をつかったことが暴露した結果
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ただその中の善い人間即ちノアという者を救うたというような依怙贔屓をする者である。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
神様は依怙贔屓なしに人間の一人一人に、その素質にふさわしい使命を授けてくれるのだという気がしたのである。獣医は体温器を抜きとって、見しらべてから助手の手に渡した。
犬の生活 (新字新仮名) / 小山清(著)
始終う身構えにして居るから、私の処には官軍方の人も颯々と来れば、賊軍の人も颯々と出入りして居て、私は官でも賊でも一切構わぬ、何方に向ても依怙贔屓なしにて居るから
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
もとより依怙贔屓によってオーロラのほうをすぐれてると思ったが、そういうふうにして比較してるうちに、たがいに知りもしない二人の娘の間に、架空の友情を頭の中で組み立てるようになり
「それでも、火には依怙贔屓というものが絶対にないではございませんか、焼けるものと、焼けないものとは、火の力の度の加減があるのみで、この地上で、火に焼けないものとて、何一つもありません」
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
依怙贔屓をするなどという陰口もうるさい。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
彦三郎御長屋中に怪敷との事なれば此御家主へ相談は如何に候はんとぬるに權三打笑ひ爰の家主は店子の中に依怙贔屓く下の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一、荷物送り出しの節、心安き牛方にても、初めて参り牛方にても、同様に御扱い下され、すべて今渡の問屋同様に、依怙贔屓なきよう願いたきこと。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「それみろ。——神仏にもわからぬことを、どうして、僧正にだけわかるか。ごまかしだっ、依怙贔屓だっ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
去年使うてやった恩も忘れ上人様に胡麻摺り込んで、たってこん度の仕事をしょうと身の分も知らずに願いを上げたとやら、清吉の話しでは上人様に依怙贔屓のおはあっても
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
人手に掛し抔とはしき儀を訴出る者の有には九助が申上る事而已御取上に相成只々私しを御ながら御奉行樣の依怙贔屓と申ものと云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
とかく角十の取り扱い方には依怙贔屓があって、駄賃書き込み等の態度は不都合もはなはだしい、このまま双方得心ということにはどうしても行きかねる、今一応仲間のもので相談の上
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
司馬懿の催しに応じて、参軍してから後は、自分より後輩の秦朗という者を重用して、それがしを軽んじるのみか、軍功を依怙贔屓になし、あまっさえそれがしが不平を洩らしたと称して
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たしかだから、おれは、この鐘をかんのだ。いいか、考えてもみろ、まだ十歳を出たばかりの範宴を、座主の依怙贔屓から、輿論と、非難を押しきって、今朝の大戒を、強行するのじゃないか。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
依怙贔屓である)と、った一山大衆も、今では、口を黙して
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)