妻の座つまのざ
広いアスファルトの道路をへだてて、戦災をのがれた向う方には大きな建物が並び、街路樹も青々と繁っている。もとは兵営だったその建物も今は占領軍の宿舎になっているとかで、ぬり替えられた白い壁にくっきりと窓々のブルーの被いが、晴れた夏空に、いかにも …
作品に特徴的な語句
うつ かな おり むな かか あるい おお ゆわ はず はら かわ かたき しば すべ ぼたん のが つる かた かか にな だれ むち わか あわただ じゃ 藪入やぶい 尻端しりは 肩肘かたひじ 花鋏はなばさみ 濫費らんぴ 濶達かったつ 煎餅せんべい 煙草たばこ 煤煙ばいえん 牡丹ぼたん ひし ひと 独酌どくしゃく 瓦礫がれき はなは 生垣いけがき 生涯しょうがい 癇癪かんしゃく 癇高かんだか しゃく 白髪しらが 百合ゆり しわ さかずき 相好そうごう 相逢あいあ まゆ 真似まね なが まぶた 禿 きわ 空事そらごと はず 箪笥たんす あわ よそお のり 納得なっとく ひも 素人しろうと 素朴そぼく 素気そっけ 絹莢きぬさや 網走あばしり しげ 美貌びぼう うらや 閑子しずこ 軽蔑けいべつ くら すべ 途々みちみち つい 酒呑さけの むく 采配さいはい 重石おもし 鉢巻はちまき 銀杏いちょう きり なべ 鑵切かんき ページ 頬桁ほおげた 頬紅ほおべに