秋風記しゅうふうき
立ちつくし、 ものを思へば、 ものみなの物語めき、(生田長江) あの、私は、どんな小説を書いたらいいのだろう。私は、物語の洪水の中に住んでいる。役者になれば、よかった。私は、私の寝顔をさえスケッチでき …