“依顧贔屓”の読み方と例文
読み方割合
えこひいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見て愛惡の心生ずるは是人情なり然すれば知らず/\依顧贔屓沙汰にも成ゆくにより心に親疎のなきやうにとりて訴訟を聽れたりとぞ何さま容貌にやさしく見えると雖も心に惡を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)