“啓坊”の読み方と例文
読み方割合
けいぼん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう奥畑の啓坊は昔のような純真な青年ではなくなっているらしいと云うことを、近頃しばしば夫から聞かされるからなのであるが
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あなた方は一遍ゆっくりお休みなさいと啓坊が云うのに任せて、二人は隣室に寝、病室には啓坊が、病人の枕元でごろ寝していたらしかった
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
啓坊のお母さん、死にやはったわなあ、と云って、そっと妙子の顔色を窺うと、妙子が、ふん、と、ひどく興味のない返辞をしたことがあった。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)