“啓書記”の読み方と例文
読み方割合
けいしょき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、いわゆる室町画壇の、如雪、周文、霊彩、啓書記、雪舟、秋月などの巨匠を輩出し、戦国期にかけてもなお、雪村友松、等伯など、おびただしい水墨画の全盛期を見せた。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は価だけのことはある——と思わせる。中国や西洋には、こんな調子の高い美食はないようだ。青々した畳にも合う。啓書記因陀羅というような万金の掛物をかけた座敷にも合う。
くちこ (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
啓書記だ」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)