“婿養子”の読み方と例文
読み方割合
むこようし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
娘の室子のことについては、今更婿養子をとっても、家業が家業なり、室子の性質なりで、うまくは行くまいとのだけは両親に在った。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
了善上人には御連合も先年寂滅なされ、娘御お一人御座候のみにて、法嗣に立つべき男子なく、遂に愚僧を婿養子になされたき由申出され候、急病にて遷化遊ばされ候。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
わざわざ御自身でおいでくだされて、あのけ者を婿養子にとのお言葉さえあるに、恐れ入ったただいまの御仕儀。これが尋常の兄じゃ弟じゃならば、当方は蔵前取りで貴殿は地方だ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)