“唐棣花色”の読み方と例文
読み方割合
はねずいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同巻十一の「山吹のにほへる妹が唐棣花色の、赤裳のすがたに見えつつ」、同巻十二の「唐棣花色の移ろひ易きあれば、年をぞ来経は絶えずて」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
山吹のにほへる唐棣花色赤裳のすがたに見えつつ 〔巻十一・二七八六〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
唐棣花色よき若立も、ことごとくしめあへず
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)