“唐花”の読み方と例文
読み方割合
からはな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、奈良朝以前から見られる唐草模様は蕨手に巻曲した線を有するため、天平時代の唐花模様も大体曲線から成立しているため、「いき」とは甚だ縁遠いものである。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
唐花の絵天井から、壁、柱へ、と、薄暗く輝くに、他国ではちょっと知りますまい。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御時服というは大きな紋の付いた綸子の綿入で、大名等へ賜わるは三葵の紋、倍臣には唐花という紋のついたものであった。私も父がそれを持って藩地へ帰って来た時には頗る嬉しかった。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)