“唐棣”の読み方と例文
読み方割合
はねず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この歌は、一首の中に山吹と唐棣即ち庭梅とを入れてそれの色彩を以て組立てている歌だが、少しく単純化が足りないようである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ほのめきゆらぎ、『き』の唐棣
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
それにもわらず此歌を選んだのは、夢に見た恋人が、唐棣色の赤裳を着けていたという、そういう色までも詠み込んでいるのが珍しいからである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)