“とたん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トタン
語句割合
途端75.8%
塗炭13.7%
亜鉛6.6%
機會0.5%
亞鉛0.5%
土炭0.5%
斗胆0.5%
0.5%
機会0.5%
途炭0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつの間にやら、第三コメディ「砂丘の家」は幕となった。弦吾は同志帆立に脇腹を突つかれて、てて舞台へ拍手を送った。途端
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
天下の塗炭を救い、害賊を討ち、国土に即した公権を確立し、やがては永遠の平和と民福を計るにある。分っておるかそこのところは!
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
亜鉛屋根にパラパラと来る雨の音が聞えなくなりましたからね、随分不断に使った躯ですよ。若い時分にゃ宇都宮まで俥ひいて、日帰りでしたからね。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
されしかば捕方の者共長庵が宅の表裏より一度に込入たる然るに長庵はざにい者の見知ずとやら斯かる事とはにも知らず是は何事ぞと驚く機會に上意々々とはるを長庵は身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
とになし渡り求むる阿部川の此方の岸へ飛乘機會からヤレ待居らう重五郎と追駈來るは別人ならず江尻の宿の落破戸儀右衞門と云男なりも白妙が馴染客にて是迄多くの金銀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
宗助にある亞鉛しのいた四角火鉢や、つぽいをした眞鍮藥鑵や、びたしのかれたらしぎる手桶めて、た。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
けだし当時の王と称する者、皆いわゆる仁義をる者なり。これをもってその法王にする、彼がごとくついに世を救うゆえんのものをもって、民を土炭るるに至る。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
戴曼公は書法を高天漪に授けた。天漪、名は玄岱の名は立泰子新、一の斗胆、通称は深見新左衛門で、帰化明人である。祖父高寿覚は長崎に来て終った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
痛いからバラリと放すところをば、をうたしてドンと仙太郎を投げる。
席亭の主人が便所へ出掛けて行く、中の役者が戸をて出る機会、その女の顔を見るが否や、席亭の主人は叫喚と云って後ろへ転倒まだ迷っているか堪忍してくれとみたおされ。
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
みに四五本の毛は指に掛った儘で抜けスラ/\と尻尾の様な紐がる其途炭入毛だけは根が無いから訳も無く抜けて手に掛る。
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)