“暢気者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のんきもの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“暢気者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そちは、そのように、暢気者のんきものだから、文使いなどには、ちょうどよいのだ。この定綱へ、行けと仰っしゃった事はない」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「侍屋敷では、侍の家風に合う者でなければ、使いはしません。おまえみたいな野育ちの暢気者のんきものを何処で——」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)