“のんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
暢気49.6%
呑気42.8%
暢氣4.9%
呑氣1.5%
長閑気0.5%
延氣0.2%
野氣0.2%
長閑0.2%
閑散0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お前はそんな暢気なことを言うが、旦那が亡くなった時に俺はそう思った——俺はもう小山家に縁故の切れたものだと思った——」
ある女の生涯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「そう呑気じゃ困りますわ。あなたは男だからそれでようござんしょうが、ちっとは私の身にもなって見て下さらなくっちゃあ……」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
唯三人でやつて居た頃は隨分暢氣なものであつたが、遠からず紙面やら販路やらを擴張すると云ふので、社屋の新築と共に竹山主任が來た。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
その松原の蔭の小さな可愛らしい家には一人二人と大工や左官たちが呑氣さうに出入りしてゐるのみであつた。
樹木とその葉:04 木槿の花 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
こんな長閑気仙人じみた閑遊の間にも、危険は伏在しているものかと、今更ながら呆れざるを得なかった。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
本船愚昧なる船長は『船幽靈めが、難破船眞似なんかして、暗礁へでも誘引せやうとかゝつてるのだな。』と延氣つてつたが、其實船幽靈ならぬ海賊船
夕日櫻木大佐武村兵曹も、れてつてたが、終日延氣んだ吾等兩人の、昨日よりは餘程れてへるとて、大笑ひであつた。夜更まで色々快談
出せかしと勸告せらるゝもあれどイヤ其の仰せは僻事なりもと堅く出て左樣ならしき儀一切謝絶諸事頼朝流の事と取極め政子崇拜主義となりぬ皆樣も是非饗庭黨となり玉へ世の中まことに穩かにて至極野氣で第一は壽命の藥女は命を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
この広い家に年のいかないもの二人であるが、そこは巡査さんも月に何度かしか回って来ないほどの山間片田舎だけに長閑なもので、二人は何の気も無く遊んでいるのである。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
畠を作ったり、鶏を飼ったりした八年間の田園生活、奈何にそれが原の身にとって、閑散で、幽静で、楽しかったろう。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)