“収穫物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しうくわくぶつ50.0%
とりいれもの50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな騒ぎのあと四五日すると、いつも町から、近くの軍隊へ野菜類を納める御用商人の一人が荷馬車を持つてやつて来た。そして、山のやうに積んである納屋の収穫物綺麗に持つて行つてしまふ。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
やぎのジム(飼犬の名)が人々の後を追ひかけ廻つてられたり、子供たちが走つてんで収穫物が笊の中から飛び出して地べたをころ/\ころがりあるいたり、……そんな日には家中に愉快な
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)