“づ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
14.8%
13.3%
12.5%
10.2%
9.4%
8.6%
3.9%
3.9%
2.3%
2.3%
2.3%
2.3%
1.6%
1.6%
1.6%
0.8%
むか0.8%
一途0.8%
二人伴0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だがこの時以来、彼女はひたすら一日も早く甥に妻帯させて、初孫の守をしたいものだと、ただ一にそのことばかり考へるやうになつた。
此書全部六巻、牧之老人漫筆ざるの稿本なり。走墨乱写し、艸画なり。老人して校訂ふ。
世話好なのが、二人つて、けると、でもでもなかつた。する樓臺亭館重疊として𢌞る、御殿造りの極彩色
画の裡 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
年頃ともならば別地を知行し賜はるべし。永く忠勤を可き御沙汰を賜はりしこそ笑止なりしか。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
高祖保よ の鉢に植ゑるがいい 四季咲きの薔薇一輪その匂ひがおまへの臭みを消す
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
然し今度はそういう道れもなく、独り旅を続けた。独りの旅は寂しいというよりも、勿体なくて仕方のない気持ちだ。
独り旅 (新字新仮名) / 若杉鳥子(著)
「どれ、せがれがってよこした、かんめをけようじゃないか。」と、おばあさんにいいました。
片田舎にあった話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
布巾輪、たばこ差し、紙切り、砂糖み、時計枠など、いろいろ外国向きの物品を作るのだが、それを一つあなたの意匠を凝らし、絵師の手を借りずに、ジカけに彫って頂こう。
夜食が済むと座敷を取り片けるので母屋の方は騒いでいたが、それが済むと長屋の者や近所の者がそろそろ集まって来て、がやがやしゃべるのが聞こえる。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しかも、それのみでは飽き足らずに、検事は執拗な態度で毒いた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
結構つかえる器物がそこらへてられたり、下品な皿小鉢が、むやみに買いこまれたりして、遠海ものの煮肴はいつも砂糖けのように悪甘く、漬けものものように臭かった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
さっき、三浦屋の使いが来て、江戸のじょうるり語りが家内六人れで泊まっていますから、本陣の旦那にもお出かけくださいッて、そう言って行きましたよ。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
せられたマドリド司僧には男女二人の遺児があるとのこと、今頃は既によい年頃、恐らく二人とも木曽のお館を父の仇敵と思い詰めて、付け狙いおるも計れず、いやいや人てに聞くところでは
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
次の間には大きな炉が切ってあって、火が烈々と燃えている、その火の上へ、天井から鉄の鎖で縛りあげられた半裸体の女が、逆さりに吊り下ろされているのだ。
其角と山賊と殿様 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
やはり日本の食料が減って虻蜂とらずになるから、いままで通り七分きばかり食べたらどうだい、といましめてみた。
うむどん (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
つぎて空しく成けるほどにいつしか歌の撰ハ忘にたり、取置ども濟して今日で三七日といふ日、たよりにつけて師のもとより紙ゝみ一つおくられぬ、紙の面をみれ何がし大人撰む甲とあり
反古しらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それをやろふと思へバ先つねのシンゴンしうのよむかんをんきよふイツカヲしうのよむあみだきよふ、これハちとふしがありてむかしけれど、どこの国ももんとがはやり申候あいだ
押るゝに市郎左衞門は一途に彦兵衞と思ひ段々内吟味仕つりしに右百兩は隱居儀へ置しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『私と私の影と、まあ、二人伴れですね。』
彼女一流の雰囲気の含まれた言葉で、恋愛も恋愛だが、生活や母性愛の悩みもあって、今までの生活は行きまりが来たので、打開の道を求めようとしたのが、何といっても文学が生命なのだし
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
私が桑港にいるとき、一九二四年九月十八日の夕、新聞の号外売りが、声高く「ラッセン火山大爆裂、シャスタ氷河大融解」と、大の字くしで呼んでいるので、耳寄りに思って買って見ると
火と氷のシャスタ山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
御頼み申すと云にぞお勇は彌々にのり然樣ならば先方してウンと云時は御變替ません其所を御承知で御座りますかとば重四郎何が扨武士に二は御座りませんと云ふにぞお勇は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だ鍵盤にける梅子の横顔を、老女はくとながめ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
しばらくして、どつといて、少年にかゝつて、顔の皮をりくらはんとするを、一生懸命脇差でめくらきにして助かつた。人に介抱されて、に、所を聞くと、此の方は近かつた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大物主神顔を隠して夜のみ倭迹々姫命に通い、命その本形を示せと請うと小蛇となり、姫驚き叫びしを不快で人形にり、愛想かしを述べて御諸山に登り去り、姫悔いていて
有史時代つてはじめて地震傳説えるのは、孝靈天皇の五近江國けて琵琶湖出來同時富士山噴出して駿がおびたゞしく震動したといふのであるが
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
昔風な英語ですからチョット読みろうがしたよ。チョット生意気に訳しかけてみた事もあるんですが、ザットこんな風です。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)