“唐楪葉”の読み方と例文
読み方割合
からゆづりは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐楪葉は高く立ちて、折しく一羽の小鳥来鳴けり。宮が胸はうつとりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
やや有りて彼はに立ち上りけるが、こは更にきを眺めんとて双眼鏡を取り直してけり。彼方此方に差向くる筒の当所も無かりければ、唐楪葉のいと近きが鏡面て一面にりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)