菊屋敷きくやしき
志保は庭へおりて菊を剪っていた。いつまでも狭霧の霽れぬ朝で、道をゆく馬の蹄の音は聞えながら、人も馬もおぼろにしか見えない。生垣のすぐ外がわを流れている小川のせせらぎも、どこか遠くから響いてくるように眠たげである、……露でしとどに手を濡らしな …
作品に特徴的な語句
いさ つい なげ かぶり たゆ うわ 生活たつき しま ほと うし かっ 子孫こまご さしはさ ちょう さと 赤子あか あわ かたくな うな くだ あな とき いと めい むせ かじ はや から いぶ いい さか しつ もた ぬし 主人あるじ おっ ぬす つわもの こお 凛々りり 別墅べっしょ つよ 半揷はんぞう そそ 唯一ゆいいつ ひら わら くちばし つぐ はや 国民くにたみ 声音こわね ねた めと 山脈やまなみ かさ 年月としつき 微塵みじん 忌日きにち 怜悧れいり 思召おぼしめ 悄気しょげ おそ 愚昧ぐまい 慷慨こうがい 手筺てばこ ひら 挙措きょそ ふみ 昼餉ひるげ 智慧ちえ かつ 松籟しょうらい とげ 検覈けんかく 権高けんだか 温和おとな みなぎ つぶ