“喪山”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もやま66.7%
モヤマ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“喪山”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こは美濃の國の藍見あゐみ二八の河上なる喪山もやまといふ山なり。
それは美濃の國のアヰミ河の河上の喪山もやまという山になりました。
美濃の喪山モヤマに就ても、また同様の説明法を適用す可し。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)