“總身”のいろいろな読み方と例文
新字:総身
読み方割合
そうみ75.0%
そうしん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とうとうやつたな‥‥と、つた。そして、總身身顫ひをじながらつた。中根姿えなかつた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
昨日迄は擦れ合ふ身體から火花が出て、むく/\と血管を無理に越す熱き血が、汗を吹いて總身に煑浸み出はせぬかと感じた。東京は左程に烈しい所である。
京に着ける夕 (旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
白状に及ぶ程のことなれば總身頬骨高く眼はみ色蒼然髯髭蓬々としたる體彼の俊寛僧都が鬼界ヶ島のげもやとばかり思はれて藤八お節も目も眩み心も消え入る體なりしが漸々に涙を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
て月番南町奉行大岡越前守殿へ引渡し相濟ける之に依て大岡殿も一通り吟味の上口書并びに書取の通り符合なすに於ては月番老中ひの上附札にて御仕置仰せ付らるゝの手續きなる故今富右衞門が命は風前燈火の如し再調べに引出さるゝ其有樣數日の拷問に總身痩衰鬢髭
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)