“總代等”の読み方と例文
読み方割合
そうだいら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから供物恰好よくして總代等れてつた注連繩からつて末社をした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
總代等はそれでも羽織袴姿であるが一人でも滿足んだのはない。からいた四斗樽荷繩つていでいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
神官横手一寸指圖をすると氏子總代等順次小枝玉串つて玉串げて拍手した。彼等づ/\して拍手らなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)