“總髮”の読み方と例文
新字:総髪
読み方割合
そうはつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人共總髮、黒木綿の、白い小倉の袴をはいて、短かいのを一本腰にきめて居りますが、人相や氣分は、對蹠的に違つて居ります。
「黄八丈の財布と、手代を刺した匕首と、お琴を縛つた細引の結び目と、——それから毛の先を切つたかもじさ、それを頭巾の下に冠つて總髮に見せたんだ」
總髮に汚ない袷、尻が拔けて膝が拔けて、それを晴着にも寢卷にもしようといふ徹底振り、江戸といふ時代には、こんなにまで落ち果て乍ら、ゑもえもせずに、店賃を三年も溜めて