“再調”の読み方と例文
読み方割合
さいしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
再調べに成りましても当人は助かって居りますか助かって居りませんか、其処は分りませんので、へえ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
なる程お玉という娘の父親は竜神松五郎という海賊かも知れませんが、そんな奴には種々魂胆がありまして、人の知らねえ機関も御座いますから、再調べの役目を私奴にお云附け下せえまし
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
て月番南町奉行大岡越前守殿へ引渡し相濟ける之に依て大岡殿も一通り吟味の上口書并びに書取の通り符合なすに於ては月番老中ひの上附札にて御仕置仰せ付らるゝの手續きなる故今富右衞門が命は風前燈火の如し再調べに引出さるゝ其有樣數日の拷問に總身痩衰鬢髭
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)