“再来年”のいろいろな読み方と例文
旧字:再來年
読み方割合
さらいねん87.5%
サライネン12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とは衆議の一致するところで、会社銀行の使用人になりたがるものが一番多い。中には家がえ向きに商家だから、再来年卒業するともう直ぐ儲けに取りかかる決心のものもある。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
若い男 なあにまだ来年ということはねえ、再来年だとていいさ。なあ大工さん、そうだろうが。(船の中へ向って話しかける、が、答えはなくて、マキハダかます打つ音のみする)
一本刀土俵入 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
南家で持つて居た藤原の氏上職が、兄の家から、弟仲麻呂—押勝—の方へ移らうとしてゐる。来年か、再来年枚岡祭りに、参向する氏人の長者は、自然かの大師のほか、人がなくなつて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)