“多年来”の読み方と例文
読み方割合
たねんらい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小生の本心はに他を攻撃して楽しむものにあらず、多年来釈然たらざるものをして輿論し、天下後世のめにせんとするまでの事なれば
先生の本旨は、右二氏の進退に関し多年来心に釈然たらざるものを記して輿論すため、時節見計らい世ににするの考なりしも、爾来今日に至るまで深く筐底して人に示さざりしに
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名) / 石河幹明(著)
多年来西洋の書をじて多少に得たるところのその知見も、今や始めて実物に接して、平生思想齟齬するものあり、また正しく符合するものもありて、これをするに今度の航海は