一本刀土俵入 二幕五場いっぽんがたなどひょういり にまくごば
〔序幕〕第一場取手の宿・安孫子屋の前 第二場利根の渡し 〔大詰〕第一場布施の川べり 第二場お蔦の家 第三場軒の山桜 駒形茂兵衛老船頭筋市 お蔦清大工河岸山鬼一郎 船印彫辰三郎お君酌婦お松 船戸の弥八いわしの北同お吉 波一里儀十籠彦博労久太郎 …
作品に特徴的な語句
ぐら かた さま てて そくな あず ぼうっ ぱた がか しも わずら むこ いつ だく うえ くら 背負おぶ こた はっ ふけ こころざ あが 退 興行うち ゆわ しっか てき せい 水中みずあた あらた せい 抵抗てむか とく 如何いかが 仲人ちゅうにん あぶ 八尾やつお しみ こう しま つづ なげう しま 故郷くに 手繰たく 交際つきあい たま 船印だし こわ あか 徒労むだ かた 取手とって のぞ がまち 賭博ばくち あらた 一家いっか 宿しゅく かさ じつ かみ わずか あね 開放あけっぱな 吩咐いいつけ とっ ひと 臍曲へそまが なお 糸瓜へちま 精出せいだ ざる 燈火あかり 燧石ひうちいし そば 立科たてしな 盆持ぼんも 俄鳴がな 便たよ 生活くらし 白粉おしろい すこや 余温ほとぼり ねむ ひし 何処どこ たた