“戌刻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いつゝ49.1%
いつつ47.2%
いつつどき0.9%
いつゝどき0.9%
いぬのこく0.9%
よつ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戌刻(八時)には潜りの大海老錠をおろします。それから先は私が開けにかゝらなければ、外からは入れないことになつてをります」
藤枝蔵人老人が三河屋を出たのは、それから一刻(二時間)も後——ツイ二三町の自分の家へ帰ったのは、戌刻半(九時)過ぎ——。
聞居るお政の殘念辯解なすともにせず口惜涙返る心の中ぞれなり然るに天の助けにや或夜戌刻とも思ふ頃下谷車坂より出火して火事よ/\と立騷ぎければ宅番の者ども大いに驚き皆々我家へ歸り見るに早火の紛は破落々々と來たり殊に風もしければ今にもて來るかと皆々周章狼狽手に/\荷物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
戌刻に忠之は成瀬を見舞ひにつた。十九日に忠之は歸邸を許されたが、上邸は憚があると云ふので、弟隆政のゐた麻布の下邸に遷つて、隆政は長屋へ入り替つた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
小「お前さんは酒を三杯飲んだろうが、私は待ってる間におを二タ切焼いて呉れたぎりだから腹がって仕様がない、もう直に戌刻になりますから早くきましょう」