“ゆうべ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユウベ
語句割合
昨夜73.4%
12.2%
昨夕7.2%
昨晩4.1%
昨宵1.8%
前夜0.3%
咋夜0.3%
昨日0.2%
昨霄0.1%
0.1%
咋宵0.1%
唯夜0.1%
夕部0.1%
晩夜0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんな人聞きの悪い事を言っちゃいけない——昨夜遅くまで麻雀を付き合って、寝が不足のせいだろう、頭痛がしてわないんだ」
葬送行進曲 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
偃松があり、残雪があり、お花畑があり、清い水の流れは石原に湛えて幾つかの小池となり、には雲を浮べには星を宿している。
南北アルプス通説 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
一条山径草深くして、昨夕の露なほ葉上にのこり、ぐる湿れがちに、峡々を越えて行けば、昔遊の跡歴々として尋ぬべし。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
昨晩の座敷の樣子が、鮮かに私の目に浮んだ。然うだ、菊池君の住んで居る世界と、私達の住んで居る世界との間には、餘程の間隔がある。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「さうかも知れない、だが少くともオペラぢやないね。まあ、早く言つてみれば行進曲かな。昨宵なんか夜つぴて我鳴り通しなんだからね。」
「フロラ、それは夢だつたのだよ、あの物語をあまり熱心に音読した前夜れで——」
鸚鵡のゐる部屋 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
朝になつて、あの田中のの上を茫然帰つて来ると、重右め、いつも浮かぬ顔をして待つて居る。咋夜は何うだつたつて……聞くと、頭ア振つて駄目だアと言ふ。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
……オイ政どん、噂に聞くと、あのカンカン寅が銀座の金塊を盗みだしたというが、お前は昨日、あの建物にカンカン寅が隠してあった九万円の金塊を探しだして、搬びだしたんだナ
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
昨霄飯田町を飛出して、二里ばかりの道を夢中に、青山の知己まで便つて行けば、彼奴めたいがい知れとる事に、泊まつて行けともいはないんだ。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
『そ、さういふ事をいふからいかん。僕がそんな卑劣な男かい。じやあいはう、昨霄は練兵場で寝たんだ』
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
お定は暫時水を汲むでもなく、水鏡に寫つた我が顏をめながら、呆然と昨晩の事を思出してゐた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「なに松本に一つの希望があるつて。一つなもんか、希望なら四つも五つもつてら。その証拠には咋宵……」
俺もそれが解らないので、唯夜一晩考えたんだ、今朝明るくなってからく解った。いいか——人間の死ぬような電力は体質によって多少の違はあるが、先ず、どうしても五百ボルト以上の電圧だ。
死の予告 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
春雨に雀かぞゆる夕部かな 如嬰
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
晩夜泥坊が入ったんだよ。まあ一寸来て見給え。そう云って友達は行って了いました。
二癈人 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)