“きのふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キノフ
語句割合
昨日95.2%
1.2%
明日1.2%
0.6%
咋日0.6%
昔日0.6%
昨夜0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればわが昨日遙かに御嶽の秀絶なる姿を群山挺立に認めて、雀躍して路人にあやしまるゝの狂態を演じたるもまたならずや。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
われは生涯その時の事を忘れず。父の燒け殘りたる葡萄を摘みてわれに食はせしは、今も猶のごとしと云ひぬ。
もと富家となりて柔弱にのみちしれとえしもなく十露盤りならへどりしなければにはちもせずしてへばしくなる山高帽子半靴明日かざりしりもりはては晦日勘定さへにつかふるにもなりぬ。
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
われ等は劇場に入りて、磴級をなせる石榻に坐したり。舞臺を見るに、その柱の石障石扉、昔のまゝに殘りて、羅馬の俳優のこゝに演技せしはの如くぞおもはるゝ。
抱持不十分甲斐なきめしくなりててたしとひしは咋日今日ならず我々二人くとかば流石運平邪慳れるになるはなりとても一徹らぎらば兩家幸福このやある我々二人にありては如何千辛萬苦するとも運平後悔まじくしてや
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
善くむれども、内には事足る老婢ひて、に自炊ならざる男世帯を張りて、なほもらず、楽まず、心は昔日の手代にして、趣は失意の書生の如く依然たる変物の名を失はでゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
昨夜は雅子さんの夢を見た。雅子さんに手紙を書かうかなどゝ朝のの中では考へた。川上さんの女の書生さんが見え、吉小神さんが来た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)