“繁藤”の読み方と例文
読み方割合
しげとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土佐の国中から穴内川の渓へ越える繁藤に、肥後の人吉から日向へ越える加久藤は、共に有名な峠であるがこのもまた「たを」であろう。
峠に関する二、三の考察 (新字新仮名) / 柳田国男(著)