“葡萄酒:ぶとうしゅ” の例文
“葡萄酒:ぶとうしゅ”を含む作品の著者(上位)作品数
海野十三1
“葡萄酒:ぶとうしゅ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
扉がひらいて、一人の機械人間が、銀のぼんの上に朝食をのせてあらわれた。バタートーストにスープに、ハムエッグスに、コーヒーに葡萄酒ぶとうしゅ、どれもふつうの量の三倍から四倍もあった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)