詩集夏花ししゅうなつばな
燕 砂の花 夢からさめて 蜻蛉 夕の海 いかなれば 決心 朝顔 八月の石にすがりて 水中花 自然に、充分自然に 夜の葦 燈台の光を見つつ 野分に寄す 若死 沫雪 笑む稚児よ…… 早春 孔雀の悲しみ 夏 …
作品に特徴的な語句
野分のわき 螺鈿らでん 蔓草つるくさ 手足てあし 息吹いぶき 時刻とき 一本ひともと 稚児ちご あした 篠懸すゞかけ 金魚きんぎよ 自若じじやく 故里ふるさと 前栽せんざい ながえ ほこり 寝転ねころ 水無月みなづき 弓弦ゆづる 蒼褪あをざ 無益むえき 雪解ゆきど 水脈みを 脈搏みやくうち つね 一色ひといろ 大川おほかは 荒野あれの かさゝぎ 吹上ふきあげ 枯枝かれえ 先端さき 歓声くわんせい 波頭なみがしら 無邪気むじやき 魅惑まどはし 鼻面はなづら 季節とき 空腹くうふく 縦令たとひ さう 六月ろくぐわつ 逍遙さまよ 気疎けうと 市中しちゆう 室内しつない 今歳ことし 木末こぬれ 休息きうそく 端然たんぜん 大海おほうみ 古家ふるや 鉄輪てつわ 舞踏ぶたふ 聯関れんくわん 終夜しゆうや 魚鱗ぎよりん 海面うみづら 一茎ひとくき 孤寂こせき 微温ぬる 典雅てんが 朱色しゆいろ 夜鳥やちよう 毛髪まうはつ 御陵みささぎ 自足じそく 解放ときはな 円居まどゐ 秣槽まぐさをけ 海波かいは 菜園さいゑん 時明ときあかり 遠嘶とほいなゝき