“山羊髯”の読み方と例文
読み方割合
やぎひげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は木炭紙に似たざらつく厚い紙の余りへ、山羊髯を生やした細面の父の顔をいたずらにスケッチして、どうしようかと考えた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
白髪頭を五分刈にして分厚い近眼鏡をかけて、顎の下に黄色い細長い山羊髯をチョッピリと生やしている。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
僕は又遠い過去から目近い現代へすべり落ちた。そこへ幸いにも来合せたのは或先輩の彫刻家だった。彼は不相変天鵞絨の服を着、短い山羊髯らせていた。
歯車 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)