“そらまど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
天窓66.7%
空窓33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「入ったところはらない、出口だけ捜すんだ。天窓そらまど、縁の下、掃除口、引窓、そんなところだ」
三畳から飛出してみると、流しの上の天窓そらまどにほんの少しばかり、申刻ななつ頃の陽が当って、油障子の一部を、カッと燃えるように明るくしているのでした。
薄あかりする空窓そらまどの硝子より、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)