“天窓:あまた” の例文
“天窓:あまた”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“天窓:あまた”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と太い声して、ちと充血した大きなひとみをぎょろりと遣る。その風采ふうさい、高利を借りた覚えがあると、天窓あまたから水を浴びそうなが、思いの外、温厚な柔和な君子で。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)