“うしお”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウシオ
語句割合
95.3%
丑尾0.8%
宇潮0.8%
海塩0.8%
海潮0.8%
潮汁0.8%
潮煮0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは眼科の教授の代理として云うのだが、時枝という看護婦が眼科に居た事もたしかだが、四箇月ばかり前からやめているので
空を飛ぶパラソル (新字新仮名) / 夢野久作(著)
重兵衛さんの長男は自分等よりはだいぶ年長で、いつもよく勉強をしていたのでその仲間にははいらなかったが、次男の亀さんとその妹の丑尾さんとが定連のお客であった。
重兵衛さんの一家 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そうして誰がその婿になるだろうと、方々で種々噂をしていましたが、やがて美留藻が年頃になると、その噂は一ツになって、隣り村の宇潮という漁師の二番目の息子で、これは水潜りも上手だが
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
かれ、その猨田毘古の神、阿邪訶せる時にどりして、ヒラブ貝にその手をひ合されて海塩れたまひき。
口につけると塩気があるから、海潮がさすのであろう。その川裾のたよりなく草に隠れるにつけて、明神の手水洗にかけた献燈の発句には、これを霞川、と書いてあるが、俗に呼んで湯川と云う。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
身を入れるとまるで味が悪くなる。塩で味をつけるから鯛の潮汁に似て味は十倍もい。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
潮煮の鯛の目、鮑の蒸したのが涼しそうで、熱燗の酒がヒヤリと舌に冷いくらい——貴女が云った自棄ですか——
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)