“潮漚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しほなわ66.7%
しおなわ16.7%
しほなは16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに船側に添って乱れてりのぼる青い腹の、まるで白竜のような新鮮な波の渦巻と潮漚とをつくづくと俯瞰しては、何とか歌にまとめようと苦吟もして見た。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
渦潮のたぎつ潮漚しづまらず浅みどり透くその白き泡を
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)