“しほなわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
潮漚50.0%
塩漚12.5%
潮沫12.5%
潮泡12.5%
鹽漚12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
潮漚のとどまるかぎり
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
心も無く軒端の松をしき庵の友として眺めしほどに、憶ひぞ出でし松山の、浪の景色はさもあらばあれ、世の潮泡の跡方なく成りまし玉ひし新院の御事胸に浮び来りて
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)