“朱子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅし80.0%
しゅす20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱子って論語を講釈するのを聞いたより外、なんの智識もないのだが、頭の好い人なので、これを読んだ後に内々自らみて見た。
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
元々、東洋の法は、を本とし、苛烈な罰が目あてではござらぬ。なお、朱子にもある。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ほら、離亭で朱子を縫うている。見えるかな、鳥籠のある竹縁のそばにいるではないか。」
後の日の童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)