“朱熹”の読み方と例文
読み方割合
しゅき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(中略)宋の時程頤朱熹が学を建てしより、近来伊藤源佐荻生惣右衛門などとふやから、みなの学を学とし、是非を争ひてやまず。世の儒者みな真闇になりてわからず。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)