“朱緞子”の読み方と例文
読み方割合
しゅどんす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱緞子の大座布団にふっくらと陣取りながら今か今かと待っていたのに、どうしたことか宿改めの係り役人達は、待てど暮らせどそれらしい者の姿すらも見せないのです。
紫の矢絣の、色の薄いが鮮麗に、朱緞子に銀と観世水のやや幅細な帯を胸高に、緋鹿子背負上げして、ほんのり桜色に上気しながら、こなたを見入ったのは、お妙である!
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)