“朱子学”の読み方と例文
読み方割合
しゅしがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあに漢学者でさあ、若い時聖堂朱子学か、何かにこり固まったものだから、電気灯の下でしくちょんを頂いているんです。仕方がありません」とやたらにで廻す。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
愚僧は芝山内青樹院と申す学寮の住職雲石殿年来父上とは昵懇の間柄にて有之候まゝ、右の学寮に寄宿り、従前通り江戸御屋敷御抱の儒者松下先生につきて朱子学出精罷在候処
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
堂上の和歌、聖堂の朱子学、ロダンがった仏蘭西院体派の芸術、その実例はいくらでもあります。殊に官営の宜しくない事はその官権を以て反対の思想を暴力的に圧伏することです。
激動の中を行く (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)