“黒朱子”の読み方と例文
読み方割合
くろじゅす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お蘭もそんならこうと、下女へ話して急に着物を着替え小紋縮緬の変り裏に黒朱子繻珍の帯をしめて、丸髷のれ髪をあげ、白金を出まして
あの毛茛科のおきなぐさの黒朱子の花びら、青じろいやはりびろうどのみのある、それから六月のつやつや光る冠毛がみなはっきりとにうかびます。
おきなぐさ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
この花は黒朱子ででもこしらえたわりのコップのように見えますが、その黒いのは、たとえば葡萄酒が黒く見えると同じです。この花の下を始終ったり来たりするに私はたずねます。
おきなぐさ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)