“牡獅子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おじし75.0%
ヲジヽ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猫のように可愛がって、日頃夫人の部屋に飼い馴らされている牡獅子もまた、夫人の腰の辺にを乗せて、とろりと睡眼を半ば閉じていた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
多数の牡獅子と、牝獅子と、小獅子とが、おのおの羯鼓を打ちながら、繚乱として狂い踊ると、笛と、ささらと、歌とが、それを盛んに歌いつ、はやしつつ、力一ぱいに踊るが
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
牡獅子牝獅子————獅子、其に絡む嫉妬獅子とでもいふべき二人の獅子、三人立の獅子と言つた形の石橋様式を流しこんだものが多かつた。
獅子舞と石橋 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)