“しにがら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
死骸50.0%
屍骸25.0%
死殼25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを、七、八間、追い散らしていって悠々と戻ってきた由良の伝吉は、その時、はじめて新造の死骸から血刀を抜いて、身を起している一人の侍に不審の眼をみはったのである。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
互に顔も知らねば名も知らぬ人々である、しかして、二人が呼吸のある屍骸を抱き合わないばかりにえているところは、高く人寰を絶し、近く天球をする雲の表の、一片の固形塊
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
今までの死殼を蹴飛ばして
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)