“オン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:おん
語句割合
50.0%
25.0%
12.5%
12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高野博士は、昔から鏡板の松を以て、奈良のオン祭の中心になる——寧、田楽の中門口の如く、出発点として重要な——イチの松をうつしたものだ、とせられてゐました。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
でもおまへさまは、尊いオン神に仕へてゐる人だ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「ぢや、お前のイチを取つて英一とするか? だがそれぢや弟の英二郎とオンがつくからな?」
父を売る子 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
蓬莱建介は、何のことだかわからないが、彼女のつけたアダナのオンがよいと云った。
華々しき瞬間 (新字新仮名) / 久坂葉子(著)
——いいえ、オンですよ、ね、バルシク、この猫は手術を受けたんですよ。
——バルシク? オンなの、この猫。
そこで、女を洒落しゃれにオニ(オン)と言い、美しい女ほどオニになりたがる。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)